Chick

イラスト描いたり、本読んだりする人のブログです

今まで出した本の裏話 その②

今まで出した本の裏話をあれやこれや言うシリーズです。

今回は「タソガレヅキ」についてです。弓を使う人の漫画です。

今まで出した本の裏話 その① - Chickもあります。

 

表紙と後書きと、本文1-2P目です。

f:id:sitibusayo:20201020230528p:plain

f:id:sitibusayo:20201020230549p:plain

まず、印刷についてですが、表紙を見ていただいてわかるとおりタイトルありません。なぜなら、レイヤーを消したまま印刷かけてしまったからでした。

本来であればこう↓

f:id:sitibusayo:20201020232134p:plain

コミティアが5/5にあるのに、グラフィックさんには2日納期で4/30に注文していました。5/2に発送されて家に着いたのが5/3ですね。入稿した後に差し替えることも可能でしたが、あまりにもギリギリのスケジュールだったのでそのまま刷りました。タイトルせっかくつけていたのに。結局印刷で失敗するのよね。

印刷方法は初めてのオフセットでした。カラーもモノクロもオンデマンドに比べてめっっっっっっっっっちゃくちゃ綺麗に印刷されていました。モノクロでも線が1本1本綺麗に印刷されているので、もっと丁寧に描かねば。と思ったくらい。正直テンション上がりましたね。

 

漫画の話は弓を題材にしました。後書きにも書いていますが「昔『犬夜叉』にはまった自分と、高校時代の弓道部の経験と、新たに『艦隊これくしょん』への熱がこの漫画を描いたきっかけです」ということです。

話せば長くなりますが、初めて漫画を買ったのは「犬夜叉」でした。桔梗の絵を描いていたなあ。かごめより桔梗が好きだったんだ(ビジュアルが)。それで、弓使ってみたいな〜という気持ちのまま高校生になり、弓道部に入部しました。無事、高校卒業した後、艦隊これくしょんが爆発的ヒットとなり、しばふさんの描く艦娘が私の心にクリーンヒットし、弓への熱が再燃したところにコミティア参加でした。なので、「弓」は私の結構大きな出来事でした。本にできてよかったです。やはり破魔の矢とかそのへんのニュアンスが犬夜叉に影響受けているなぁと我ながら思っています笑。※実際には漫画では、鳴弦といって、音で邪気を弓で祓っています。

さらに脱線しますが、弓道部の時の話をします。弓道はわりと楽しんでやれてました。このブログも高校生のときからやっているので、その当時はほぼ弓かイラストのことしか記事にしていないです。それくらいにははまっていました。ただ、弓は場所と道具が必要なので、高校卒業後は全然やれていないのが現実です。。そして、もう一つ中ったら楽しいのはもちろんなんですが、外れた時に精神的にくるので結構しんどい時はしんどかったことですね。昨日は20射中15中したのに、今日は20射中2中しかしないとか。同じように射っているはずなのに、どうしてか中らないんですよね。逆にどんなに体勢がくずれていても絶対中る不思議な日があったりして。下手故に安定していなかっただけだと思いますが、難しかった。そういう思い出です。

f:id:sitibusayo:20201021214239p:plain

サンプルには出していませんが、そういうあれこれで弓をひいている描写のところは目一杯がんばって描いています。

弓の漫画を描いたのはやはり、「弓をひいている」シーンを描きたかった。ただそれだけです。イラストではその一瞬を切り取ることになりますが、漫画なら動きを表現できるかなと。少しでも弓の綺麗さを伝えるには動きも含めてじゃないと。と思いまして。 

 

f:id:sitibusayo:20201021220241p:plain

艦これだと、しばふさんの空母が和弓を使っていました。なのでいろいろと描いていました。懐かしい絵だ。。(※オリジナル漫画なのでこのイラストは載っていません

 

では、頒布についてです。ここが目玉です。初めて作った本が売り切れそうなのをいいことに、倍刷りました。ええ。倍刷って、今のところコミティア(地方含む)には9回出しています。初めてのが3回で売り切れたのですが、3倍時間かかっています。倍刷れば、6回程度で売り切れるかと思いきやそんなことはなかったです。しかもまだ売り切れてません。恐ろしいでしょう?恐ろしくないですかね。

話の中身が気になった方は是非、通販をご利用ください。もしくは抽選に当たれば11月のコミティアにサークル参加しますので、そこで手にとっていただければ幸いです。

sitibu-chick.booth.pm

 

ちなみに残り4部です。 ちびちびしか出ないのですが、もうそろそろ売り切れるかなと思い裏話をしてみました。次の裏話はイラスト本にしようかと思います。ネタバレしまくるので、漫画は大体の人に手にとってもらえたら記事にしようかと今のところは思っています。

  

裏話その①はこちら

sitibusayo.hatenablog.com