Chick

イラスト描いたり、本読んだりする人のブログです

(後宮を舞台にした)中華風ファンタジーの読んだ本紹介

後宮を舞台にした中華風ファンタジーは数多あります。そのうち、私が読んだ本を紹介します。というか、「後宮の烏」を紹介したくて。 十二国記は中華風ファンタジーの1番好きな本ですが、後宮を舞台にしてるわけではないので除外です。そういえば彩雲国物語…

書店員さんがおすすめしてた本もう全部読んでた

Twitterより引用: 丸善ジュンク堂書店劇場 @junkudo_net · 2019年12月12日 【特報】12月12日 #十二国記の日 にあわせて「丸善とジュンク堂書店の書店員で『十二国記』について熱く語りたいがために作った冊子」第1弾(の1部)と第2弾がWeb上↓で公開されてい…

2019年読んだ本まとめ

ブクログの2019年月別読んだ本グラフのスクショ 2019年に読んだ本をまとめます。リンク飛ぶと、詳細情報のっかっています。 sitibuさんが2019年12月に読んだ作品 - ブクログ 個人的には白州梓さんを知れたのが収穫でした。威風堂々悪女は追いかけます。 冲方…

十二国記の新刊楽しみ

十二国記の新刊がでるまで、1ヶ月きりましたね。戴国の話の続きをめっちゃ待ってました。 私はアニメが最初でした。2回アニメを見て、やっと原作読みだしました。 なので、長編新作を待っていたのはせいぜい8、9年くらい? 謳い文句に「18年ぶり」新作とある…

源氏物語を読んで思うこと

源氏物語を原典の古文では読んだことがなく、前回紹介した記事の本や漫画を読んでの感想となります。 いづれも原作に忠実に書かれていますが、原典ではないということで源氏物語に対する印象が変わるということも含めて以下、読んでいただけると幸いです。 …

源氏物語を読む

源氏物語 あさきゆめみし 完全版(1) (Kissコミックス) 著者 : 大和和紀 講談社 発売日 : 2008-04-25 ブクログでレビューを見る» 源氏物語が好きで、作家さんが読みやすいように現代翻訳したのを読んだのでオススメ紹介です。 まず挙がってくるのが、…

翼の帰る処 感想

翼の帰る処 (下) 著者 : 妹尾ゆふ子 幻冬舎コミックス 発売日 : 2012-10-31 ブクログでレビューを見る» 過去を視る力を神より得た一族最後のヤエトと、皇女様のファンタジーストーリー?(恋愛は22歳差あるから発展しなさそう)1巻では上記二人の出会いと絆…

威風堂々悪女 感想

威風堂々惡女 (集英社オレンジ文庫) 著者 : 白洲梓 集英社 発売日 : 2018-10-19 ブクログでレビューを見る» 転生モノの話。しかもうまくいくまで、ループするハッピーな話でした。下女から後宮の姫に転生して、その護衛と一線引きつつ目的のために動くあたり…

もう更新することがない

恋読 本に恋した2年9ヶ月 著者 : 小橋めぐみ KADOKAWA/角川書店 発売日 : 2015-09-26 ブクログでレビューを見る» 豊橋さんの解説にあるように、小橋さんの書く書評は共感するものばかりです。本の書評を自分自身に照らし合わせてうまく書かれてる。だからか…