Chick

イラスト描いたり、本読んだりする人のブログです

(後宮を舞台にした)中華風ファンタジーの読んだ本紹介

後宮を舞台にした中華風ファンタジーは数多あります。そのうち、私が読んだ本を紹介します。というか、「後宮の烏」を紹介したくて。

十二国記は中華風ファンタジーの1番好きな本ですが、後宮を舞台にしてるわけではないので除外です。そういえば彩雲国物語も有名ですが、アニメ(しかも途中まで)しか見たことがないですね…

 

最初はおすすめの3種類から。 

酒見賢一さんの「後宮物語」

昔からの言わずと知れた作品。アニメから見るのがわかりやすくて楽しいと思います。こりゅーんは棒読みだけれども。

 

白洲梓さんの「威風堂々悪女」

最近流行の転生したら転生前の記憶があって、無双できるぜの中華ファンタジー物。こう書くとツマラなさそうに思えますが、そんなことない。転生前の自分が殺されることになった世を変えるという目的を強く持っています。そして目的のために、非道にならざるをえない場面があれば容赦無く「悪女」を演じる強い女子主人公です。すれ違いまくる恋愛模様ももどかしくも面白いです。

 

白川紺子さんの「後宮の烏」

これはまだ一昨日初めて読んで、途中までしか読めてないけれど。でも設定がもりもりっと作り込まれてそうです。巫術という術を使える烏妃の存在とか。対の王の設定があったりとか。過去に傷をもつ者同士がお互いを癒やして、惹かれていく様が好きだ…

 

 

あと読んだことあるのは、以下かな。

篠原悠希さんの「後宮に星は宿る」

3巻あたりで後宮編は終わり?のようです。4巻以降は読んでません。。主人公が医者になるってんで、外の世界に広がっちゃいました。そもそも男が女装してただけなのでずっと後宮は無理の無理だったんですが。

 

雪村花菜さんの「紅霞後宮物語」

知らぬ間に8巻ぐらいでてますね。読み始めた頃は4巻までしか出てなかったので、読んだのは4巻までです。元軍人の女子が、軍人時代の部下(後に皇帝)に皇帝の嫁(皇后)として嫁いでなんやかんや後宮を治めたり皇帝を助けたりする話だったと思います。ちょっと恋愛要素が薄いというか基本後回しにされてるので、軽いサバサバしたストーリーでした。

 

 

以上、中華風ファンタジーの本紹介:後宮編でした。

中華といえば読むの大変だろうけど、「水滸伝」とか「項羽と劉邦」とかの有名どころを読んでみたいところです。でも、いろいろな人がいろんな媒体で出しているので、何が一番面白くわかりやすく読めるのかがわからないというね。司馬遼太郎さんの中華版とか。ないでしょうか。

中止になったイベントたちと今後のイベントたち

流石に自粛期間の暇つぶしもネタ切れになってきました。いかに、娯楽によって生かされていたかがわかります。例えば、同人イベント。12月くらいに考えていたのは、5月までサークル参加を目一杯することです。5月以降は時間の余裕が去年ほどなくなるので、一旦サークル参加は休止かなと思っていたのですよ…

f:id:sitibusayo:20200511213235p:plain

 

だがしかし、3月〜5月に予定していたイベントがことごとく中止になりました。

  • 3/21  メルメリィマーケット
  • 4/12  名古屋COMITIA56
  • 5/17  COMITIA132extra
  • 5/24  関西コミティア58
  • 5/31  北海道COMITIA12(委託)

 

こんな状態では心安らかに休止することはできません。絶対にあと1回ずつ参加したい。新刊無くても無理やり参加したい。

ということで、北海道コミティアと名古屋コミティアは振替参加ができるみたいなので、参加する予定です。開催できるといいんですがね…。自分の備忘のためにも今後のイベントの予定を書いておこう…。

  • 7/18-19  メルメィマーケット →不参加
  • 9/21       COMITIA133              →参加予定(未申し込み)
  • 9/27       関西コミティア59      →参加予定(未申し込み)
  • 10/11      北海道COMITIA11(委託)→参加(振替)
  • 11/29     名古屋コミティア57W   →参加(振替)

 

9月開催はギリギリいけるかいけないかのラインでしょうか。今の状況だと。でも秋になると風邪に罹りやすくなってくるし、難しいですね…。

思うままに描けたとき

頭にイメージしたものを、そのままイメージ通りに描けたときが一番楽しいです。稀にしか起こらない現象ですが。

f:id:sitibusayo:20200502000642p:plain

そういうときは不思議と、色の置き方も間違えないし塗り方も迷わないです。

 

そして、思うままに描けた絵はだいたい評判が良い(pixivにて)です。気負って描いたり、流行りに乗っかった絵の評判は普通かいまいちになりがちです。

 

思うままに描ききれた絵は、本当に描きたいと思った絵なんだと思います。それ以外の絵は暇つぶしで描いていたり、手軽に評価を得たいと思ったり、練習で描いていたりしています。でも、そういう数々の絵を描いてこそ、イメージした絵を表現できるようになると思っています。

運良く評価を得られた絵も、得られなかった絵も私の表現の一部ですね。

 

ただし、思うままに描ける絵は先述の通り、稀です。 ここ数年では絵を描く頻度自体が減っているので、さらに減っています。

なので、たまの絵を描くときには、思うままに描けたら良いなと。そうすればきっと私は絵を描くのをやめないのだろうなと思います。絵を描かないときでもいろんな事をインプットしているはずなのに、アウトプットが思い通りにならず苦い思いをするのも良くないなと。

もちろん誰のためでもなく、自分の趣味で絵を描いているだけなので、いつ止めても問題ないです。なんとなく、長期間絵を描かなかった後に久しぶりに描くと、楽しいと。自分はまだ絵を描けるんだなとしみじみ思うのでした。

 

眠い頭でブログを描いているので着地点を見失いました。

色ぬりのやり方をちょっと変えよう

こんにちは。3〜5月に予定していたイベントがことごとく中止になりまして、ブログに書くことがなくなってしまった日々でした。

本を出すモチベーションがイベントに出ることだったので、本も書けていない状態です。ただ、今日見た夢が普通に面白かったので、本にしてみたいなぁと思っています。私だけが面白いと思うかもしれませんがね。私の夢なので。

 

さて、今回の記事の本題に入ります。

目の塗り方を変えようと思い立ちました。工数増やします。

f:id:sitibusayo:20200424102019p:plain

目は下書きをベースにあっさり塗っていたところを、きちんともりもりコテコテに塗っていこうと思いました。まる。

数年間ほど同じ塗りをしていることに気づいたので、マンネリ脱却といたします。目を覗き込むと、意外にもキラキラしてるし、光をとりこんでいるんだなと気づきましたので…。

私の塗りは地味なので、目でキラキラとした派手さを取り込んでいきたい所存です。

ファイアーエムブレム風花雪月 黒鷲(協会)ルートクリアしました感想

ファイアーエムブレム4周目を黒鷲(帝国)ルートでクリアしました感想です。プレイ時間は40時間でした。以下ネタバレ満載ですので、ご注意ください

 

目次

 

f:id:sitibusayo:20200327152141p:plain

 

 

プレイ情報

難易度はノーマル、死んだら生き返らないモード、女主人公でプレイしました。4周目なので、青獅子、金鹿クラスメイトを全員スカウトして、黒鷲クラスに組み込んでます。

箇条書き感想

・グロンターズ会戦(帝国、王国、同盟の3つ巴戦)がなかった

・ネメシス復活しない代わりに、レア様が暴走してラスボスになった

・レア様を倒せるのかと思ったら、暴走を止めただけだった

・金鹿ルートと話はほぼ同じ、黒鷲側からのストーリーを追える&レア様が主人公に行ったことの言い訳を聞ける 

 

めちゃくちゃ長い詳細な感想

・グロンターズ会戦(帝国、王国、同盟の3つ巴戦)がなかった

グロンターズ会戦(帝国、王国、同盟の3つ巴戦)は不参加で、ディミトリは報告で戦死との知らせだけでした。5年後ディミトリの1番の不遇ルート…出演すらも叶わないとは。ただし、夢か現かわからないけど会話で出演ありました。クロードは報告で生死不明(多分生きてるだろうな)で、夢でもでてこない。寂しい。

 

・ネメシス復活しない代わりに、レア様が暴走してラスボスになった

レア様が暴走してラスボスになりました。ネメシスより強かったです…それとも金鹿の生徒の方が強かったのかな。

 

・レア様を倒せるのかと思ったら、暴走を止めただけだった

レア様を倒して、主人公も救われると思ったのに…。心臓に細工してしまったことを謝られてそれで終わりなのか…。結局、人に戻れるのは帝国ルートオンリーでした。エーデルガルトの野望は帝国ルートでしか果たせませんでした。3級長が死ぬ代わりに、主人公が全てを叶えることができるのではないかと微かな希望を持ちましたが、そうではなかったです。

私(主人公)は王になりたかったわけではないのに…この世が間違っていると正したい級長達を支える役目でありたかった!級長いないのが寂しい!

 

・金鹿ルートと話はほぼ同じ、黒鷲側からのストーリーを追える&レア様が主人公に行ったことの言い訳を聞ける

このルートは個人的には最後にレア様の真意を聞けるだけですね。それ以外は、帝国ルートとほぼ一緒です。

総評

4ルート全てクリアできました。 初めてFEをやりましたが、この風花雪月はゲームシステムよりもストーリーのほうが面白かったです。システムはめんど臭いことが多かったです。

追加コンテンツはやりませんが、それでも非常にお買い得なゲームでした。4ヶ月くらい楽しめたかな。次はどうぶつの森で癒されに行きます。

 

青獅子と黒鷲(帝国)、金鹿ルートの感想はこちら

sitibusayo.hatenablog.com

 

sitibusayo.hatenablog.com

 

sitibusayo.hatenablog.com

 

 

 

ファイアーエムブレム風花雪月 金鹿(黄)ルートクリアしました感想

ファイアーエムブレム3周目を金鹿ルートでクリアしました感想です。プレイ時間は30時間でした。以下ネタバレ満載ですので、ご注意ください

 

目次

 

f:id:sitibusayo:20200324215349p:plain 

 

 

プレイ情報

難易度はノーマル、死んだら生き返らないモード、女主人公でプレイしました。3周目なので、青獅子、黒鷲クラスメイトを全員スカウトして、金鹿クラスに組み込んでます。

箇条書き感想

ざっくり箇条書き感想です。

・ストーリーがすっきりしていてよかった。

・金鹿ルートのディミトリくんが一番しょぼかった…死に際は犬死にじゃねえか…

・勝者が望む世になるんだなぁ

・帝国ルート、青獅子ルートを先にやっておいてよかった。

・主人公の心臓にあった紋章石はそのまま

・闇にうごめくもの、レア様などなどの謎が全て解けた。

・レア様が女神ソティスを復活?させようとした理由は明かされず。

 

めちゃくちゃ長い詳細な感想

・ストーリーがすっきりしていてよかった。

一番すっきりした終わり方でした。王国と帝国の生徒も先生についていくというよりは、自分がちゃんと「こうする」と決めて同盟に従った感じがしてよかった。王国生徒は特に、元々協会派であったことで、王のディミトリがいない(もしくは生きていてもまともじゃない)ので協会につくというのが理解できました。帝国生徒もエーデルガルトの苛烈さについて行けなかった感じがあるので同盟につくのも道理かもしれないです。

レアを探す目的も青獅子ルートだと、レア様が帝国に奪われたから取り戻さなきゃ!っていう感じでしたが、金獅子はレア様が今のフォドラの謎を知っているからそれを聞くために助けなきゃという、主人公の動機が納得できる理由があったのでよかった。ディミトリやエーデルガルトはそれぞれの夢のための駒になった気がするけど、クロードくんは夢の協力そして自分の生い立ちを知る為という目的があった気がする。

 

・金鹿ルートのディミトリくんが一番しょぼかった…死に際は犬死にじゃねえか…

エーデルガルトに殺されるでもなく、セリフで兵に囲まれて突かれて死んだって…本当に…ディミトリくん…

 

・勝者が望む世になるんだなぁ

闇に蠢く者を倒して、フォドラに新たな世をもたらしたけれど、エーデルガルドが望んでいたように完全に人の世に戻すことは叶わなかったですね。相変わらず女神の眷属はいたまま。でも、それも全部いても、クロードが目指したかった全ての人に開かれる世であれば問題はないかな。勝者の望む世になっているんだなぁ。

こうなるとディミトリくんが勝者となった世界線だけが、世界が何も変わらないままなんだな。

 

・帝国ルート、青獅子ルートを先にやっておいてよかった。

セイロスやネメシスがどう、みたいな謎明かしのルートなので、キャラクターの顔と名前が一致した3周目でよかったです。1周目にやっていたら、誰が誰で、どうなっていたかがさっぱりわからなかったと思います。ディミトリの闇落ちもエーデルガルトが挙兵する理由もすべて呑み込んで戦えたしね。

 

・主人公の心臓にあった紋章石はそのまま

レアを倒していないので、主人公の心臓にある紋章石はそのままでした。(帝国ルートでは消滅した)これでは主人公は人ではないままなんだな…人の寿命以上に長生きしちゃわない?

 

・闇に蠢く者、レア様などなどの謎が全て解けた。

青獅子ルート、帝国ルートではわからなかった闇に蠢く者やレア様、紋章石の使い道、正しい歴史?をクロードくんが解き明かしてくれました。すっっっっっきり

 

・レア様が女神ソティスを復活?させようとした理由は明かされず。

これは協会ルートをやれということでしょうね…。かなり良い感じで終わったので、4周目は行かないつもりでしたが、ムービーを全て回収せねばなりませんので…4周目行ってきます。今度はすでに見たことあるムービーをガンガン飛ばしてサクッと終わらせれればと思います。

 

総評

一番すっきりさっぱり終わって、これでもう周回しなくてもいいと思わせるくらいのボリュームでした。それでも各級長すべてが報われたわけではなく、クラスメイトしか救うことしかできないのがもどかしいです。だんだんとベレスが級長をいかに生き残らせるか、時間を戻して何度もやり直しているみたいな錯覚を起こさせます。かなりボリュームのあるゲームだ。

 

 

 

青獅子と黒鷲(帝国)ルートの感想はこちら

sitibusayo.hatenablog.com

 

sitibusayo.hatenablog.com

 

 

ファイアーエムブレム風花雪月 黒鷲(帝国)ルートクリアしました感想

ファイアーエムブレム2周目を紅花(帝国)ルートでクリアしました感想です。プレイ時間は35時間でした。以下ネタバレ満載ですので、ご注意ください

1週目青獅子ルート↓↓

sitibusayo.hatenablog.com

 

目次

  • プレイ情報
  • 箇条書き感想
  • めちゃくちゃ長い詳細な感想
    • ・青獅子ルートより、黒鷲ルートのほうがキャラの背景が重くない。
    • ・スカウトした青クラスメイトも第2部に登場して、帝国側につくんだ。しかも、先生(主人公)がいるからって。それは先生を信頼しすぎではないか。重いぞ。
    • ・ロドリグ(フェリクスの父)は黒鷲ルートでも死んでしまった。フェリクスは相変わらず病まない。
    • ・ディミトリを妄執の王と呼んでたけど、エーデルガルトは苛烈の王だな。
    • ・基本的にエーデルガルトはツンで皇帝として舐められないような態度をとってるけど、主人公にだけデレる。
    • ・闇に蠢く者とは対決せず、王国と同盟を倒してフォドラを統一するストーリーだった。
    • ・レアの思惑と闇に蠢く者の正体は種明かしされず。
  • 総評

 

f:id:sitibusayo:20200217135158p:plain

 

続きを読む