Chick

イラスト描いたり、本読んだりする人のブログです

今まで出した本の裏話 その①

f:id:sitibusayo:20201001225435p:plain

本を出したやつを振り返る その①です。1番最初に作った本です!!!!!!

小部数しか刷っていませんが、おかげさまで完売いたしました。

f:id:sitibusayo:20201001225514p:plain

f:id:sitibusayo:20201001225526p:plain

たぶん、ネットにこの本の中身の画像上げるのは初めてかなと思います。フルカラーでオンデマンド印刷の絵本でした。初めてCMYKに変換して色がくすんでショックを受け、オンデマンド印刷のせい?か色が薄くでて背景が消えてたりとあまり印刷に満足のいく本ではなかったです。

さらに、文章を書くのがうまくないから絵を描き始めたくらい文章を書けないので、言葉を考えるのに本当に悩みました。作成の流れは、今でもそうですが、ネーム段階でセリフまで考えます。ペン入れしつつ、違和感のあるセリフを修正していき、行きつ戻りつ前後のつじつまを合わせて、コマの中身もごろっと変え。ネームの原型がなくなると完成です。

ネームの段階であまり練り上げられてないのか、トゲがなくなっているのか、私にはわかりませんがあまり効率よくないですね。

 

ただ、話の中身/題材はとてもとても頑張って考えました。当時の記事↓

sitibusayo.hatenablog.com

ナルニア国物語を読んで、アスラン教(あえてキリスト教とは言わない)に思いを馳せて、死んだらどうなるんだろう。死後の世界がとてつもなく幸せて、今生きているのは本当に苦界なんだろうか。 と。

結論、今生きている様々な思い出と空想が死後の世界を豊かにするよ。という話にしました。その話をするために、これから長い道を歩んでいくであろう子供(ひよこの擬人化:ティチック)と友人(ぬいぐるみ)を登場人物に据えました。

読み返せば、このティチックはとても幸せな家庭の子で、愛されている子かもと考えてしまって、今なら描けない絵本でした。当時よりは少し、世間を知りました。ただ、誰しもがそんな幸せばかりではないけど、そうであってほしいと願います。

こころの中の宝箱を豊かにするのは、現世だよっていう本にしたかったのです。中身についてくっちゃべりましたが、本当はこういう風に解説しなくて、読み手に全て委ねて解釈してくれるのが一番だと思います笑。でも、もう頒布する予定もないし、だいぶ前の作品なので時効ということで。。

 

印刷、文章、題材ときましたら頒布についてでしょうか。

こちら、冒頭で述べた通り小部数しか刷っていません。なので3回コミティア に参加しただけで売り切れました。すごい。この後の本は調子乗ってめちゃくちゃ刷り出しますが、それはその本での振り返りで話します。本を6種類も出したのに、売り切れたのはこれだけです。ええ。レア本でした。ええ。

f:id:sitibusayo:20191202163440j:plain

 

一番最初の本が漫画でもイラスト本でもなかったのは、理由があります。

イラスト本の体裁を保てるイラストをたくさん描けなかったこと。そして何より、私のイラストでは本として満足度が高くならないこと。 イラスト本はボリュームもしくは非常に好きなイラスト集でないとたった500円でもガッカリとした気分になります。実際しました…フルカラー12Pで全てのイラストが見開きでドーンとあり、イラスト数としては4カットだけ(そのうち3カットは既存絵)とか。工数としては漫画もイラストもどちらも手間がかかるものなのに、受ける印象は全然違うと思います。一概には言えませんが、イラストの方が消費にかかる時間がすごく短いと思います。イラストでも、エピソードがあれば消費にかかる時間が少しでものび、買ってよかったと思ってくれる満足度が上がるのではと思いました。

上記の理由で、なにかしらエピソードのある本を作ることにして、漫画よりも絵本のほうが、より表現しやすいエピソードだったので、絵本を作ることにしました。言葉なしの連作イラストのような本もありますが、伝えたいことは言葉が必要でした。

ただ、いろいろ本を作っていくうちにこれならいける、と思ったりもしてイラスト本出しましたが。それはまたその時の振り返りで。

 

以上、振り返りその①でした。